サービス

部分補修

屋根の補修は部分的に行えることをご存知ですか?

屋根は部分的に破損した場合でも、そのまま放置してしまうと雨漏りや木材の腐食などの原因になります。なるべく早い対応をおすすめします。
吉永板金工作所では部分補修でも、最も状況に合った施工を行うことで、屋根を長持ちさせる事ができます。

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

屋根の破損例

スレート・瓦の割れ

補修法

割れの隙間から雨が浸入して雨漏りを起こします。
基本的には、コーキング作業というシリコンをヒビ割れ部分に流し、固める修理を行いますが、場合により、新しいスレートに交換する場合もございます。

棟板金の浮き

補修法

強風や地震により浮いてしまい、隙間から雨水が浸入してしまう。棟板金(スレート屋根などの頂上部分にある金属板)とその下地となる棟板を一回取り外し、清掃を行い、該当箇所がデコボコにならないようにしてから、新しい棟板をしっかりと固定設置し、新しい棟板金をクギやネジで棟板に打ち付け、固定します。

大庇改修工事

補修法

玄関上の大庇ですが、設計上、錆びやすい場合は、タルキ木材などで高さを出して、勾配をつけ直し、コンパネ板・フェールト防水シートを張り、ガルバリウム鋼板を施工して完成です。

駐車場上の塩ビ波板取り替え

補修法

経年劣化などで張り替えたい場合は、駐車場上の塩ビ波板をポリカブロンズに、取り替えます。

事例以外の部分作業も承りますので、一度ご連絡下さい。見積後の営業の電話などは一切いたしません。
トップへ