サービス

雨どい補修

雨どいでお困りの方へ

吉永板金工作所では、屋根のプロとして50年間、施工を行ってきました。その50年間で培った技術と知識を駆使して、雨どいでお困りの方に、適切な提案と施工を行います。

主に、雨樋(あまどい)には、建物の腐食を防ぐ役割が有ります。
もし雨どいが無ければ、雨は屋根から外壁に伝る事で、外壁内部を腐らせるだけではなく、屋根から直接地面に落ちる雨によって、くぼみを作ってしまう事で、建物の基礎に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

たかが、雨どいと放置してしまう事で、家に悪影響を及ぼしてしまい、余計な出費が増えてしまいます。そうならないためにも、何か異変を感じたら、放置しないで、一度ご連絡下さい。

雨どいには家を守る大切な役割があります。だからこそ、丁寧な仕事と長年の経験から生まれる提案が大切なのです。
吉永板金では、一件一件に対して、最も適切な提案をさせて頂きます。

長年続けてきた経験で価格面を抑えていますが、私どものこだわりは、安くても確かな施工を行うことです。
(安いから仕方がない)ではなく、安くても手直しが必要なく、何年も持つ施工により、お客様に信頼と安心をしていただく事が私どもの信念です。

雨どいの破損原因

落ち葉などが詰まる。

対策

屋根の中で、一番ゴミが詰まるのは、屋根の谷に位置する集水器です。
集水器は、軒樋を通って来た雨が集まり、竪樋に流れる部分ですので、ゴミが一番詰まりやすくなっています。詰まらない様にするには、屋根の近くに木を近づけないことや、軒樋のゴミを取り除くことが大切です。

雨どい傾斜が原因で上手く水が流れない。

対策

雨どいには、よく見ると傾斜が有ります。この傾斜は、雨をスムーズに流す役割がありますが、何らかの原因で、雨どいが水平になっていたり、真逆の方向に傾斜がついてしまうケースが有ります。雨どい支持金具は、軒樋を支えつつ、雨どいに、適切な傾斜を加えている金具です。雨どい支持金具を曲げることで最適な傾斜に戻すことが可能です。

劣化した雨どい

対策

雨どいの寿命は平均20年~25年です。それ以上、経過していて、雨どいに穴や破損が見受けられるなら、経年劣化だと考えます。
経年劣化を起こした雨どいに対して、応急処置はできますが、直ぐに別の場所が破損する恐れがあります。なので、新しい物に交換することをオススメします。

雨どいの継手が原因の場合

対策

継手とは、雨どい同士が重なり合う角の部分です。
継手部分は角になっているので、負担が大きく比較的、破損しやすい部分になっています。
ご自身でも修理は可能ですが、何箇所も修理が必要な場合や、経年劣化による破損個所がある場合は、業者による雨どい工事をオススメします。

雪や強風による破損

対策

雪や強風で破損した場合は、雨どい全体に歪みや破損が生じている場合が多いので、一度ご相談下さい。

トップへ